新築マンション内覧会立会い・同行専門の 【新築マンション内覧会.com】

新築マンション内覧会立会い・同行専門の 【新築マンション内覧会.com】 

■新築マンション内覧会立会い・同行の現場実例


新築マンション内覧会立会い・同行の現場実例床と扉がこすれる 扉を開こうとするときに床と扉がこすれている状態です。建具の調整が悪いためにこのようになることもありますが、床の仕上がりがデコボコ(平らでない)ため、こすれているのです。これを直すにはフローリングをはがして、下地を調整して再度フローリングをはります。
新築マンション内覧会立会い・同行の現場実例フローリングから泡? フローリングの隙間から白い泡状の液体がでています。 前日にかけたワックスがフローリングの下に入りこんで床の下に溜まっています。 これを修繕するためにはフローリングを剥がさなければなりません。
新築マンション内覧会立会い・同行の現場実例給気口のスリーブ忘れ 緑色の部分が外壁側、手前が室内側の給気口です。 通常は、室内と外とをスリーブ管(筒)でつなぐのですが、未施工となっています。 これでは、外壁に断熱材を吹き付けても断熱材よりも室内側に外気が入ってしまい、 冷暖房効率が悪くなるだけでなく、冬には結露が発生する原因となってしまうこともあります。
新築マンション内覧会立会い・同行の現場実例ダクトの配管がない 左の写真は、キッチンのレンジフードです。上の部分は幕板(目隠し板)になっていて、本来見えない部分ですが中を見てみると そこには配管がありません。 ここは火を使う場所ですから、温度の高い排気をするため、配管をせずこのままにしておいては、火災を起こしてしまう可能性もあります。
新築マンション内覧会立会い・同行の現場実例大きな床の傾き フローリング傾きが、200mmの範囲で約10mm近くあります。 スケールの目盛は約 9mmですが、左側の巾木のところでは約10mmもあり、計算上、50mm/1000mmになります。 一般的な床の許容誤差は3mm/1000mmですから実に許容誤差の約17倍近く傾いてる、ということになります。 これでは物を置く事ができません。
新築マンション内覧会立会い・同行の現場実例ダウンライトと近すぎるドア 写真を見るとダウンライトのすぐ下に、木製の扉が被っているのがわかります。 本来、ドアの軌道上にダウンライトを設置することはしません。 白熱球はかなりの熱を持つため、この部分が重なっていると火災の原因になってしまう事があるためです。
新築マンション内覧会立会い・同行の現場実例排気ダクトの接続不良 ユニットバスに取り付けられている換気扇とダクト(配管)が接続されていません。 このまま換気扇を作動させると、浴室内の湿気を含んだ空気がそのまま天井裏に排気されてしまいます。 それが毎日続くと天井裏に湿気が溜まり大変な事になってしまいます。

戻る


■新築マンション内覧会 立会い・同行へ





新築マンション内覧会.comTOP会社概要プライバシーポリシー特商法に基づく表記
Copyright 2010 Sakurajimusyo inc. All Rights Reserved.